価値の目 eyes to value


価値の目が開かれていない人は、価値あるものをどこに使うか、使うところを知らない。

A person who has not opened their eyes to value cannot realize the usage—where they should use a valuable thing.

photo: 「Diamonds」by Tamila Rostmoff from flickr


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA